QOL向上委員会

アクセスカウンタ

zoom RSS 少しづつ動きが・・

<<   作成日時 : 2006/02/17 01:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ガルベストンに関しては少し待っていただくようにお願いできたものの、ご迷惑をかけてしまって申し訳ない気持ちと、やはり今後の方針は”人任せ”ではなく、自分で納得のいくように決めるのがQOL向上委員会としては正しい姿勢であろうと判断し、ちょっと連絡を取ってみました。
メールの返事もすごく良い印象の方だったのですが、夜に電話まで頂き少しお話することができました。日本人の方なので、細かいニュアンスもよく理解いただけて日本語のありがたみを実感。
やはり実際に研究室の雰囲気やヒューストン、ガルベストンの周りの様子も見たくなっていたし、一度お会いしてお話をしてみることに。来週後半に何とかえっちらおっちら車で行って来ようかなと。

それとは別に自分でアプライした方に関しては・・・
メールで返事がなかったものの、仲の良いPh.D.のケリーから「結構みんなメール見なかったりもするから、電話したほうがいいよー」とかアドバイスをもらっていたので、直接電話することに。

電話したのは一番行きたいと考えている、ナッシュビルの所。自分の研究テーマの大御所に直接電話するなんてー。なんて勇敢♪(なーんて、なかなか電話できなくてもじもじしてたくせにっ)
でも、実際にはその先生はつかまらず、秘書の方に研究室のマネージャーに取り次いでもらい事情を説明。「すごくマメな先生だから必ずメールを見て返事を書くはずですよー。きっと慎重に考えているんじゃないかしら」とのこと。その先生に電話があったことを伝えてもらうようお願いし終了。二人とも非常に感じが良かったので救われた〜。
いやー、しかしさすがにメチャ緊張しましたねー。なんか日本人て積極性がないとか言われちゃうけど、これって民族性なのかなぁ。自分の小心ぶりが嫌になってしまう。。。人前で話すのとかすっごい苦手だし・・・。

・・・と、すっかり疲れてボーッとしていたら。メールが・・・
なんとその先生から直々のメール。
すんごいドキドキしながら見てみると、「インタビューに来ないか?」とのこと。
「今ポジションはないものの、ちょっと来てみなさい・・」と。
非常にうれしく思ったものの、「ポジションがないっていう事は、ボランティアってことか?」とやや不安に。さらにインタビューかぁ。と夢膨らむ一方で不安も膨らむ今日この頃。ふ〜む。
でもとりあえず、色々な可能性が出てきてちょっとワクワク。
こーいう経験は、年とともに少なくなってしまうからなぁ。意外にこういう時って不思議と楽しい気もしてきてしまう。

それにしても救われているのは、ほとんどカミさんが動じていないこと。
さすがに『直ちにメンフィスからガルベストンに行くように!』って言われていた時は二人して動揺していたけど、最近は、「ヒューストンも結構栄えてるみたいだしいいかもねー」とか、「ナッシュビルだといい韓国料理屋さんあるしいい町だからいいねー」とか、「ここ(メンフィス)はここで、結構楽しめるからねぇ」とかいいながら、お気に入りの 『フードチャンネル』 の 『Emeril Live』 という番組をケタケタ笑いながら見ている・・・。うーん、とってもポジティブ♪
意外にこの人が一番アメリカナイズされているのかも。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少しづつ動きが・・ QOL向上委員会/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる